http://nikkoudou-kottou.com/sadou/

茶道具すくえあ

わび茶の広がりとともに

水指とは茶席の中で使う清水用の器で、席中では常に釜と対峙してすえられる茶道具です。つまり、湯を沸かすところには必ず水容器が置かれている日本古来の日常的な習慣が茶席においても引き継がれているということになります。今日、茶席の中で使用されている水指の中でもっとも多いのが陶磁器です。ほかにも塗り物や木地もの、金属器などがあり、夏には涼を求めてガラス製のものがつかわれることもあります。陶磁器の水指は産地によって、唐物、和物などに分けられています。 和物は極めて種類が多く、茶碗などほかの茶道具を専らとしているものもつくっているため、江戸時代後期に拡がる各地の窯にもそれぞれの個性をもっているのです。古くは日常的な器が見たれられ、桃山時代以後、わび茶の広がりとともに変化したものが誕生しました。桃山時代の茶道具は豊かな造形力が特徴でしたが、江戸時代に入ると装飾性が強調され釉による装飾や絵付けのものなどが多く登場しました。